産後や妊婦におすすめの宅配弁当サービス | いつまで続けるべき?

家事の負担を軽減!産後や妊婦におすすめの宅配弁当サービス

妊娠中や出産後は、疲れやすかったり、時間の余裕がなかったりするので、なるべく家事は簡単に済ませたいものです。

特に食事の準備は、食材の買い出しから、後片付けまで何かと手間がかかり、負担に感じる人は多いのではないでしょうか。そこでご紹介したいのが、「宅配弁当サービス」。栄養バランスの整った食事が手軽にとれるので、プレママさんや新米ママさんたちに特におすすめです。宅配弁当サービスのメリットやデメリット、業者を選ぶときのポイントなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

産後はいつまで宅配弁当サービスを続けるべき?

妊娠・出産を経て、女性の体が元の状態に戻ろうとするのに一般的6週間から8週間かかると言われています。この「産褥期」に徐々にホルモンバランスが妊娠前に戻り、子宮の大きさも次第に収縮してきます。

出産は母体にかなりダメージを与えるもの。人間ひとり産むのですが、ダメージがないほうがおかしいですよね。産褥期は母体を休め、回復を図ることが大事です。この時期に無理をしてしまうと後々影響が出ることも・・・

なので、この時期は家事も思い切り手抜きしてしまいましょう!

3大家事のひとつ「料理」も、宅配弁当サービスを利用することで体を休められるうえ赤ちゃんと触れ合う時間を増やすことができます。でも疑問なのが「いつまで宅配弁当に頼るべき?」という点ではないでしょうか。

産褥期を考えると、少なくとも1ヶ月〜2ヶ月は続けることをお勧めします。 二人目の出産で上の子がいる方のなかには3ヶ月以上続けている方もいました。

産後3ヶ月を過ぎても、宅配弁当の美味しさと便利さにハマり、そのまま利用を続けている方もいらっしゃいます。

産後・妊婦におすすめの宅配弁当サービスは全部で4種類

最近は様々な宅配弁当サービス業者が、豊富なメニューを取り揃えています。何をどう選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、まずは基本の4種類をご紹介します。

ご飯付き・ご飯なし

一般的なお弁当は、3~4品のおかずとご飯がセットになっています。白いご飯だけでなく、炊き込みご飯や、お赤飯などがセットになっていることも多いです。栗ご飯など自分で作るのは難しいメニューも、気軽に味わうことができるのは嬉しいですよね。

逆に、ご飯は自分で用意したい人や、主食を減らして糖質コントロールしたい人もいると思います。そんな人におすすめなのが、「ご飯なし」タイプ。ご飯をセーブした分、豪華なおかずをチョイスするというのもありかもしれません。

冷凍・常温

何食分かをまとめて配達してもらいたい場合に便利なのが、冷凍タイプのお弁当。家を不在にすることが多くて受け取りが難しい人や、日によって食事の時間がバラバラという人でも問題ありません。業者によって異なりますが、冷凍タイプは、おおむね2~3か月間保存が可能です。

冷凍庫のスペースに余裕がない人や、できるだけその日に調理されたものを食べたいという人は、常温タイプが良いかもしれません。ただし、賞味期限は当日中が多いので気を付けてくださいね。

宅配弁当サービスのメリット・デメリット

宅配弁当サービスを利用するのなら、きちんとメリットとデメリットを知った上で、自分のライフスタイルに合うかどうかを検討することが大切です。

宅配弁当サービスのメリット

何と言っても宅配弁当サービスは、とにかく楽。メニューを考えたり、食材を買いに行ったりする必要はありません。汚れた調理器具でシンクがいっぱいになることもなく、後片付けもとても簡単。

また、妊娠中や授乳中は、栄養バランスが気になるところですが、たいていの宅配弁当サービスは、プロの栄養士さんがメニューを監修しているので心配ありません。面倒なカロリー計算をする必要もなく、栄養成分表示を確認すれば、タンパク質や糖質、食塩相当量も一目瞭然です。

さらに、定期便を利用すれば、決まった日時に必要な分だけお弁当が届いてとても便利。わずらわしい注文作業に時間を取られることもありません。

宅配弁当サービスのデメリット

どうしても自炊をするよりコストがかかります。なので、特定の曜日だけ利用するなど、お財布と相談しながら活用するのがいいと思います。

最近は豊富なメニューが用意されていますが、長く利用しているとどうしても味付けに飽きてきます。そんな時は、ちょっぴりバターを追加したり、青のりをトッピングしたりしてアレンジするのがおすすめです。

そして意外と面倒なのがお弁当容器の取り扱い。「コープデリ」など業者によっては、お弁当の容器を水洗いして後日返却する必要があります。使い捨て容器の場合も、毎日利用していると大量のプラごみが出ます。どういったタイプの容器で届くのか、事前に確認しておきましょう。

産後・妊婦におすすめの宅配弁当サービスを選ぶときのポイント

お試しセットを用意している業者がほとんどです。実際にサービスを利用してみて、味付けや受け取り方法などをチェックしてみてください。まずは、以下のポイントで自分に合うサービスかどうか検討してみましょう。

配達可能エリア?

近所で宅配弁当サービスのトラックや、配達員さんを見かけたことはありませんか。最初に確認したいのが、自分の住んでいるところが配達可能エリアかどうかです。地域によってお弁当を受け取れる曜日や時間帯が決まっていることもあるので注意しましょう。またエリアによって配送料が異なる場合も多く、事前にしっかり調べておくと安心です。

続けやすい価格?

毎月の食費にいくらかけられるかは、家庭によって大きく異なると思います。たとえば、1食800円のお弁当を毎日1か月間注文すると、およそ2万5000円になります。自分で料理をするより割高ですが、フードデリバリーなどを利用するよりはお手頃です。毎月の予算に合わせて、1週間に頼む個数やお弁当のグレードを調整して、サービスを上手に利用するといいかもしれません。

定期にする?好きな時だけ注文するタイプにする?

定期便ならいちいちオーダーする手間が省けて便利です。でも、いざ変更したいとなると手続きがちょっと面倒。業者によっては1週間前までにキャンセルが必要、ということもあるので気をつけてください。

その時の体調や、自分のスケジュールに合わせて宅配弁当サービスを利用したいという人は、好きな時だけ注文できるタイプがおすすめです。いつものお弁当に一品おかずをプラスしたり、旦那さんの分を追加したりするのも簡単にできます。

何にフォーカスする?栄養?ボリューム?

産後はもちろんのこと、妊娠中から栄養バランスの良い食事を心掛けることが大切です。塩分や糖分の多い食事ばかりしていると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になる危険性もあります。「ヨシケイ」や「ワタミの宅食」など、減塩食や低糖質メニューを用意している業者もあるので、確認しておくと安心かもしれません。

とは言え、あまり自由に出歩けない時期は、毎度の食事が楽しみだったりします。たまには豪華なおかずがたっぷり詰まったお弁当を食べたい、なんて日もありますよね。また、旦那さんの分も注文したい人は、ある程度のボリュームが必要です。ヘルシーなお弁当だけでなく、もりもり食べられるメニューも用意されているか、各業者のホームページなどでメニューをのぞいてみましょう。

産後や妊婦におすすめの宅配弁当サービスでよくある質問

産後の宅配弁当サービスにコープはどうですか?

体調が落ち着いてきたり、時間に余裕があったりする時は、少しでも手作り感のあるものが食べたいという人も多いはず。そんな人におすすめなのは、ミールキットや食材も頼める宅配弁当サービスです。

ヨシケイ・コープはミールキットもお取り寄せできて超便利!

体調が落ち着いてきたり、時間に余裕があったりする時は、少しでも手作り感のあるものが食べたいという人も多いはず。そんな人におすすめなのは、ミールキットも頼める宅配弁当サービスです。

「ヨシケイ」や「セブンミール」、「コープデリ」などは、お弁当だけでなくミールキットのメニューも充実しています。

「ワタミの宅食」にも主菜と副菜3種がセットになったミールキットが用意されており、10~15分の調理時間で完成するのでとても便利です。お弁当にちょっと飽きてきたら、気分を変えてミールキットで作りたての料理を食べるのも楽しいかもしれませんね。